ペニス増大サプリは国産が良いってホント?日本人に合わせて開発された製品が良い

ペニス増大サプリには国産と外国産がありますが、安全性と効果の両面から考えると国産が良いとされています。
では、なぜ増大サプリに国産を選べば良いのでしょうか。
外国産との違いを知れば、いかに国産の増大サプリが安全性重視で製造販売されているかが分かります。

増大サプリは体質に合わせた設計が必要となる

日本に増大サプリが上陸した際には、複数ヶ月飲用しても成果がほとんど無いという状態が珍しくありませんでした。
なぜなら、近年ほど増大サプリの研究が進んでいなかったという事情だけでなく、そもそも日本人の体質に合わなかったからです。
そこで、国産の増大サプリを研究開発する必要性に迫られて、長い開発期間の後で国産増大サプリが登場した経緯があります。

国産と外国産の増大サプリの違い

外国産の増大サプリは、健康食品として製造販売されているだけでなく、医薬品と同じ品質は確保されていません。
また、主要成分は同じであっても補助成分に大きな違いがあるので、日本人が飲用した時の成果に開きが出やすいです。
国産と外国産の増大サプリでは、次のような違いがあるとされています。

・国産と外国産では補助成分に違いがある
最初に日本へ入ってきたペニス増大サプリは、主要成分に天然ハーブを加えた製品が中心だったため、天然ハーブとの相性が日本人には悪かったです。
欧米人とは体格や食生活が異なるので、補助成分との相乗効果を狙う増大サプリが主要成分のみしか成果が出ないことになっていました。
国産の増大サプリでは、天然ハーブの代わりに精力剤として古来より使われている漢方薬や動物性精力剤を配合しています。
日本人のペニス増大は、まず性欲を高める所から始めなければならない点が欧米人向けの製品とは異なります。

・国産の増大サプリはGMP認証を受けている
国産の増大サプリの多くは、医薬品の製造設備が出来るGMP認証を受けた製薬工場で作られています。
健康食品として販売される増大サプリを精製度合いが高い製薬工場でしっかり管理して製造するので、品質管理がしっかりしています。
一方、外国産の増大サプリは食品工場で作られているので、成分にバラツキが出ているケースが多いです。

・外国産の増大サプリにはED薬成分が含まれている製品がある
日本国内に輸入されたペニス増大サプリは、日本国内製造品とは異なりED薬の成分が含まれている製品が少なくありません。
シルデナフィルは日本国内では処方箋が必要なED薬の成分であって、心臓に負担が掛かるために副作用が心配されます。
国産の増大サプリなら、医薬品に該当する成分や不純物が含まれない分だけ安全性が保障されているという違いがあります。

ペニス増大サプリは、海外では長い歴史があるのでそのまま日本へ輸入して使えると考えがちですが、体質が異なるので成果が少なくなります。
また、国産の増大サプリよりも個別バッケージごとの品質にバラツキがあるので、長期間飲用を続けるためには不安が残るでしょう。
長期間に渡り飲用を継続するからこそ、国産のペニス増大サプリを選ぶ必要があります。

国産のペニス増大サプリは日本人に合わせて設計されている

国産のペニス増大サプリは、カプセルサイズが日本人に合わせてあるので飲みやすいという評判が多いです。
錠剤タイプや生カプセルタイプなど様々なバリエーションがありますが、同じ製品名でも日本国内製造品は成分が異なります。
海外からの並行輸入品と日本国内向けの国産品では、成分だけでなく精製度合いまで異なると知っておくと良いでしょう。

国産のペニス増大サプリは漢方薬が入っているほど高い

国産のペニス増大サプリは、海外からの並行輸入品と比較して価格が2倍近くすることが珍しくありません。
主要成分が同じであっても価格が大きく異なれば、並行輸入品でも良いかと考える人が出るでしょう。
しかし、補助成分に大きな違いがあるので、本当にペニス増大を目指すなら日本人の体質に合わせた精力剤入りの増大サプリを選ぶと良いでしょう。
国産の増大サプリが高い理由として、希少性が高い漢方薬をふんだんに使っているという点が挙げられます。
貴重な成分を多く含めるほど製品原価が上がってしまうので、結果的に価格が高くなってしまうわけです。

国産のペニス増大サプリは3種タイプが主流

喉の太さが欧米人よりも細い日本人は、1度に飲み込めるカプセルサイズに限界があるので、1カプセルタイプよりも3カプセルタイプが主流です。
主成分だけでなく補助成分を豊富に配合することにより、吸収率まで考慮すると溶剤を含めてカプセルを3つに分けるのが効率的となります。
アミノ酸成分・動物系成分・植物系成分と3つに分けているからこそ、効率良く体内に吸収出来るわけです。